3/5ページ

3/5ページ
  • 2018.06.28

実は知っているイタリア語いろいろ

イタリア語は難しい 何を隠そう、私は主人と結婚して10年以上経ちますが、イタリア語は話せません。 でも、主人や義母が子ども達にイタリア語で話しかけているのを聞いていました。 子どもがだんだんと自然にイタリア語を話せるようになるように、私も大体イタリア語がわかるようになったんです。 実は一度、イタリア […]

  • 2018.06.13

こどもの歌として定着している『おにのパンツ』は日本の歌じゃなかった!

おなじみ『おにのパンツ』は替え歌です 鬼のパンツは いいパンツ つよいぞ つよいぞ トラの毛皮で できている つよいぞ つよいぞ 結構インパクトのある歌詞なので、耳に残りますよね。 でも、この歌元々はイタリアの曲なんです。 この事実を知った時は、軽く衝撃を受けました。 きっかけは 『これってイタリア […]

  • 2018.06.12

定番のイタリア家庭料理 Pasta con pancetta e pomodoro パンチェッタとトマトのパスタ

パンチェッタとトマトのパスタは定番中の定番。 アマトリチャーナに似ているけど、多分そう言ってはいけない気がします。 ローマの北東約100kmに位置する山間の町、アマトリーチェが由来のアマトリチャーナは、 グアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)、トマトが基本の材料になり […]

  • 2018.06.05

定番のイタリア家庭料理 Pesto alla Genovese ペストジェノベーゼ

日本ではバジルのパスタのことをジェノベーゼって言うけど、 ジェノベーゼってジェノバのと言う意味であって、バジルのパスタの事ではない! パスタ ジェノベーゼ(Pasta alla genovese)は別のパスタを指します。 じゃあ、私たちがジェノベーゼって思っているあの緑のパスタは何と言うのかというと […]

  • 2018.05.31

「イタリアでもっとも美しい村」Gradara グラダーラ 

Gradara イタリアでもとても保存状態の良い城塞都市であるグラダーラは「イタリアの最も美しい村」に加盟しています。また、ダンテが『神曲』の地獄編、第5章で取り上げた「パオロとフランチェスカの悲恋の物語」の舞台としても知られています。 街はすべて城壁で囲まれていて、街へ入る唯一の入り口は時計塔がつ […]

  • 2018.05.24

定番のイタリア家庭料理 オリーブのマリネ

(今回のはイメージ画像です。) 誰かを家に招待する時などに、こんなおつまみがあると助かります。 <材料> オリーブの水煮 にんにく オレンジかレモンの皮 ローズマリー オリーブオイル ①オリーブは水をよく切って乾燥させる ②オリーブオイルとにんにくローズマリーをフライパンに入れて 香りが出てくるまで […]

  • 2018.05.23

定番のイタリア家庭料理 Spaghetti alla carbonara カルボナーラ

日本でもカルボナーラは、パスタの定番メニューですね。 それはそれで美味しいと思いますが、 初めてイタリアでカルボナーラを食べた時は衝撃を受けました。 全く違う!! 「日本のカルボナーラはカルボナーラじゃない。」 と主人がよく言っていました。 納得。 海外でお寿司屋さんに行って、全然違うお寿司にびっく […]

  • 2018.05.19

中年女性がビキニを着て何が悪い。

何歳までビキニを着ていましたか? 日本では痩せていて、スタイルが良くない人がビキニを着ていると イタイ人みたいな視線を浴びますよね? 私も出産をしてからは自然と着なくなりました。 そもそも、太っているし、おばさん?の領域だしね。 何よりも恥ずかしいじゃん。 でも逆に独身の時よりも、子どもと海に行く機 […]

  • 2018.05.17

定番のイタリア家庭料理 Polpettone di tonno ポルペットーネ ディ トンノ

ポルペットーネはミートローフ、トンノはマグロのことです。 ツナローフになるのかな? あまりレシピらしいレシピではありません。 適当です。 でもどんな分量でも大体美味しくできます。 <材料> 4〜5人分 ツナ缶 2缶 マグロ 200G(カサ増しの為に入れていますが、ツナ缶だけでも大丈夫。) 卵 1個 […]

1 3 5