国際結婚の子どもにつける名前

国際結婚の子どもにつける名前

国際結婚したら苗字はどうなる?

日本人同士の場合は大体が、旦那さんの姓を名乗ることになりますね。
結婚相手の男性が外国人の場合も、男性の方の姓を名乗ることはできます。

でも、婚姻届に記入できるのはカタカナ。

日本で有名なイタリア人と言えばジローラモ(Girolamo Panzetta)さん。例えばジローラモさんと結婚して、男性の苗字を名乗るとしたら、花子 パンツェッタになります。(ジローラモさんすみません。名前をお借りします。)

 

でもここ花子 Panzettaとと記入することはできません。

 

あくまでもカタカナのパンツェッタです。

なので例えばパスポートを提示したとしても、花子パンツェッタなので、結婚相手が外国人とは認識してもらえません。

 

イタリア大使館に婚姻の届出をする場合も、イタリア語の翻訳を添付して提出することになります。

カタカナで苗字がパンツェッタになったとしても、日本語としてしか認識してもらえないので、(当然だけど)旦那さんの姓を名乗る意味があるのかなぁと悩みました。

それともう一つ。

子供は成人するまで(?)両方の国籍を持ちます。

でもいつか、どちらかの国籍を決めなければならなくなって、日本人を選んだ場合、パンツェッタ太郎になるよりは、鈴木太郎の方が生きやすいのではないかなぁ。そして夫婦別姓にした場合は、イタリア人を選ぶとTaro Panzetta になります。

という理由で、私の場合は姓は変えませんでした。

子どもにつける名前

イタリア人の名前は、女性も男性もほどんどが聖書や神話から来ていたり、ローマ朝時代の偉人や王族の名前から来ています。

だから日本のように自由に名付けもしないし、キラキラネームは無いと思います。笑

 

日本の制度ではミドルネームは存在しません。もし、両国の名前をつけたい場合は 

姓 パンツェッタ  名 レオナルド太郎 となります。

または

姓 鈴木  名 レオナルド太郎  ですね。

もちろん、考え方は色々なので人それぞれなのですが、運転免許証とか保険証の名前表記が不自然になるので、私は嫌だなぁと思いました。

病院で名前を呼ばれたりする時も、『鈴木レオナルド太郎さ〜ん。』って呼ばれてしまいます。

そこで、私はイタリア語でも日本人ぽい名前で、漢字もつけようと思いました。

日本の戸籍は 姓 鈴木  名 玲生(レオ)
イタリアの戸籍(?)は 姓 Panzetta  名 Leo

みたいな感じです。
日本人としての名前と、イタリア人としての名前は苗字が違うということになりますが、将来どちらの戸籍を選んでも、違和感が無くていいかなぁと思います。

男の子の名前

イタリア人の男の子の名前は、名詞と一緒で基本的に『o』で終わります。多少の例外はあるものの、ほとんどが『オ』です。

有名な名前を挙げるとこんな感じ。

1.Lorenzo(ロレンツォ)
2.Matteo(マッテオ)
3.Leonardo(レオナルド)
4.Mattia(マッティーア)
5.Andrea(アンドレア)
6.Flavio(フラヴィオ)
7.Antonio(アントニオ)
8.Giulio(ジュリオ) 
9.Paolo(パオロ)
10.Gabriele(ガブリエーレ)
11.Tommaso(トンマーゾ)
12.Simone(シモーネ)
13.Daniele(ダニエーレ)
14.Luca(ルカ)
15.Jacopo(ヤコポ)
16.Filippo(フィリッポ)
17.Samuele(サムエーレ)
18.Marco(マルコ)

ほとんどが日本語としてはなじみませんね。笑
レオナルドの短縮系でレオ、ギリギリ⁉️ジュリオ、ルカ、スーパーマリオしか思い浮かばないけどマリオ、カルロ、あたりでしょうか。

だからかどうかはわかりませんが、イタリア人と日本人カップルの子どもの名前は結構被ってしまいます。

イタリア人の女の子の名前

男の子の『o』に対し、女の子の名前は『a』で終わります。男の子よりは選択肢があるんじゃないかなぁ。

1.Anna(アンナ)
2.Maria(マリア) 
3.Giulia(ジュリア)
4.Chiara(キアラ)
5.Francesca(フランチェスカ)
6.Federica(フェデリカ)
7.Sara(サラ)
8.Sofia(ソフィア)
9.Erika(エリカ)
10.Paola(パオラ)
11.Laura(ラウラ)
12.Vittoria(ヴィットーリア)
13.Martina(マルティナ)
14.Noemi(ノエーミ)
15.Elena(エレナ)
16.Aurora(アウロラ)
17.Emma(エマ)
18.Matilde(マティルデ)
19.Nicole(ニコーレ)
20.Greta(グレタ)

女の子は男の子に比べると外国人ぽい名前でも、なんとなく受け入れられる気がします。アンナ、マリア、ジュリア、サラ、エリカ、エレナ、エマ。。

他にもあるかもしれないですね。

 

名前はその人の一生を左右するので、とても悩みますよね。
でもきっと、一生懸命考えて決めた親の想いは伝わるのではないでしょうか?