高級珍味 カラスミでパスタ spaghetti con bottarga

高級珍味 カラスミでパスタ spaghetti con bottarga

お土産にカラスミを頂きました。

カラスミ入りの何かを食べた事があるような無いような。
自分ではカラスミを買う事は無いし、そもそもカラスミって何!

という事でまずはカラスミのことから。

カラスミ
日本ではボラを用いた長崎県産のものが有名だが、香川県ではサワラあるいはサバを用いる。日本以外でも台湾やイタリアのサルデーニャ島(ボッタルガを参照)、スペイン、エジプトでも作られる。原材料として、ヨーロッパではボラ以外の海産魚の卵巣も用いられ、台湾にはアブラソコムツを使うものもある。

江戸時代より、肥前国のからすみは、越前国のウニ、三河国のコノワタとともに、日本の三大珍味と呼ばれている。塩辛くねっとりとしたチーズのような味わいは、高級な酒肴として珍重される。薄く切り分けて炙り、オードブルに供したり、すりおろして酢を混ぜてからすみ酢にしたりして使用する。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボラってこんな魚

 

View this post on Instagram

 

ボラ 鰡 bora 🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟 #鰡 #ボラ #魚 #魚の名前 #魚料理 #fish #nameoffish

おさかなさん(@whatisthisfish)がシェアした投稿 –

イタリア語ではボッタルガ(bottarga)、日本と同じボラでも作りますが、他にクロマグロの卵巣やメカジキの卵を使ったりするそうです。
今回頂いたのは日本のカラスミですが、パスタにしてみました。

作り方はとっても簡単。美味しいものはシンプルが1番。

[材料]
カラスミ
にんにく
パセリ
レモンの皮

①にんにくはみじん切り。常温のオリーブオイルでゆっくり炒める。

②カラスミ、レモンの皮はすりおろす。パセリはみじん切り。

③茹でたパスタを①のフライパンに入れて混ぜる。

④②のカラスミ、レモン、パセリを混ぜ合わせる。

今回はレモンが切れていたので、オレンジの皮で作りました。