DOPマークに似ているIGPマーク(Indicazione Geografica Protetta)を 知っていますか?

DOPマークに似ているIGPマーク(Indicazione Geografica Protetta)を 知っていますか?

DOPマークに似ているIGPマークとは?

以前に紹介したDOPマークの色違い、Indicazione Geografica Protettaインディカツィオーネ ジェオグラフィカ プロテッタは意味は『保護された地理的表示』と書いてありますが、ピント来ないですね。

DOPマークはその農畜産海産物が生産・加工・調整の全工程が同じ地域内であるのに対し、
IGPマークは生産・加工・調整の一工程が同じ地域内で行われている農畜産海産物に表示されています。

日本で目にするものは、チーズや生ハム、オリーブオイル、バルサミコ酢が多いと思いますが、
実際は、イタリアの認定特産品の中で最も数が多いのは、青果と穀物です。

何とDOP34点、IGP66点で、合わせて100点もあるんです。

認定特産イタリア産の野菜を紹介します!

イタリアの野菜や果実を日本で目にする機会はまだあまりありませんが、それでもイタリアンレストランや、農家から直接販売している八百屋さんでは、見かけるようになりました。

よくご存知ジェノバ産のバジリコ

バジリコはアジア原産の植物で、古代ローマ人によってリグーリアにもたらされました。葉が小ぶりで、丸みを帯びているのがジェノヴァ産の特徴です。

サルデーニャ原産アーティチョーク

We didn’t get to eat them in Rome so I made them at home Carciofi alla Romana #artichokes #romanstyle #carciofi #foodporn

Anita Livio Raposoさん(@anita_raposo)がシェアした投稿 –


私がイタリアで食べた中でで感動した食べ物の一つ。夏に行くと時期が終わっているので、なかなか食べれません。
もし春にイタリアに行くことがあったら、是非食べてください!

リーベラ産オレンジ

シチリア州アグリジェント リーベラ一帯で栽培されているオレンジ。果汁たっぷり。
今までに食べたことが無いオレンジでした。一度食べたら忘れられない味です。

番外編

イタリアでは柿のことを『カーキ』といいます。アクセントで伸ばしているように聞こえますが、日本語そのまんまなんです。

柿の原産は東アジアなので、イタリアの柿はその昔誰かが持ち込んだのでしょう。
でも日本語になっているのがなぜかはわかりません。

イタリア人もCachiが日本語だと知らない人がほとんどだと思います。
熟れ熟れの柔らかい柿を、スプーンですくって食べるのがイタリア式です。