定番のイタリア家庭料理 Lenticchie レンズ豆の煮物

定番のイタリア家庭料理 Lenticchie レンズ豆の煮物

イタリアのレンズ豆はレンティッケ(lenticchie)と言います。
日本で見かけるレンズ豆は、カナダやアメリカ産の物が多いですが、イタリアのレンズ豆は一回り小さいです。

水で浸したりなどの下処理がなくてもいいので、とても使いやすくて便利。
一番よく作るのが煮物ですが、サラダやミネストローネに入れたりもします。

私、インド料理が大好きなのですが、たまに作るインディアンカレーにもよく使います。
味に癖がなく簡単に火が通るので、本当に万能。
豆が苦手な子どもたちも、レンティッケなら食べてくれます。

このレンティッケ、イタリアでは年末年始によく食べるのですが、形がコインに似ていることから、お金持ちになると言われています。
日本のおせち料理に似た考えがイタリアにもあって面白いですね。こういう願かけは世界共通なのかなぁと、人類皆兄弟的な気持ちになります。

という訳で、うちのおせち料理にはレンティッケも加わりました。

今回はレシピと言うには説明不足ですが、参考までに。

<材料>
レンティッケ 1カップ
玉ねぎ 4/1
プチトマト 10個位

オリーブオイル

レンティッケは水洗い、玉ねぎはみじん切り、トマトは半分に切る。

➀フライパンにオリーブを入れ、玉ねぎを炒める。

➁玉ねぎが透き通ったら、トマト、レンティッケを入れてオイルを絡ませる。

➂水をひたひたまで加えて、沸騰したら弱火で20分くらい煮る。
水が足りなくなったら、途中で加える。

➃最後に塩で味を整える。

※塩は柔らかくなってから入れましょう。先に塩を入れて茹でると柔らかくならないそうです。