「イタリアのもっとも美しい村」Forte di San Leo サンレオ城 

「イタリアのもっとも美しい村」Forte di San Leo サンレオ城 

Citta di San Leo


「イタリアのもっとも美しい村」に加盟しています。
トリップアドバイザーの「死ぬまでに訪れたい世界の名城25」にも選ばれています。

リミニ駅からバスが出ているらしいのですが、
私たちはモザイクで有名な、ラベンナという街から車で来ました。

約1時間半の道のり。

サンレオの村はバルマレッキアという岩山の上にあります。

サンレオ城はその岩山の頂上、断崖絶壁に建てられていて、
どこからも攻め入ることは出来そうにありません。

村へと入る道はただ一つだけ。
①のPorta di sopraから
そして、まっすぐにダンテ広場に続いています。


Piazza Dante Alighieri(ダンテ広場)


ダンテ広場の先⑬Duomo Cattedraleを背に見上げると、サンレオ城が見えます。

Rocca- Fortezza サンレオ城


「イタリアの最も美しい村」クラブに加盟している本当に美しい村です。
ルパン三世「カリオストロの城」のモデルになったとも言われますが、城そのものはモンサンミッシェルの方が似ていますね。


この穴は大砲を撃つために作られた穴です。


ローマ人がサンレオに移動して来たのは、3世紀頃と言われています。
サンレオ城は6世紀頃に作られましたが、その後何度か増築を繰り返しています。

断崖絶壁に立つサンレオ城はその地形から、中世には要塞・牢獄として使われるようになりました。
アレッサンドロ・ディ・カリオストロが幽閉され獄死した場所として有名です。

内部は実際に使われた大砲や武器、拷問の道具が展示されています。


どのように使われていたかの絵も飾られています。想像するとかなり恐ろしいです。
苦手な方は見ない方がいいかも。

サンレオ城からの眺め

⑭Torre Civica o Campanaria シビックタワー
実はサンレオで重要な記念塔。市民の塔と訳せばいいのでしょうか。。。
キリスト教のシンボル的な存在なんだと思います。
イベントの時には内部に入れるようです。
残念ながら行った時はしまっていました。

イタリア、サンレオのHPです。
英語とイタリア語だけですが、グーグル翻訳で訳せます。
サンレオのHP